遺産相続のQ&A

遺産相続のQ&A

お問い合わせが多い疑問をまとめました。以下をクリックして、不動産鑑定士の回答をご覧ください。

  1. 遺産分割ではどういった手続きが必要なのでしょうか? また、どのように進めていくのでしょうか?
  2. 相続開始時に必要となる手続(手続の種類とスケジュール)を知りたいのですが?
  3. 「相続問題は“争”続問題」などと俗に言われたりしますが、遺産相続で争いとなってしまうご家族にはどういった傾向があるのでしょうか。また、遺産相続で争いごとにならないようにするには、どうしておいたらよいでしょうか。
  4. 遺産分割の方法にはどういったものがありますか?
  5. その他 不動産に関する遺産相続Q&A (PDF)

遺産相続のQ&A 1

遺産分割ではどういった手続きが必要なのでしょうか? また、どのように進めていくのでしょうか?

小林一寿不動産鑑定士  遺産分割には一般的に以下の手続きが必要です。/ 小林一寿 不動産鑑定士


遺産を分割しなければならない事態が発生する。
  相続人の確定 法律により相続の権利を有する方(法定相続人)・あるいは遺言等により権利が生じる方など、相続の対象者を把握する。
相続財産の
調査・評価
不動産、現金、預貯金、有価証券、車、その他、相続財産がどれでいくらなのか調査・評価する。
相続財産のうち、『不動産』についてはその価格を私たち「遺産相続どんとこい!」が評価します。
測量 不動産は、必要に応じて測量を実施します。
相続財産の土地について境界が未確定なものについて、あるいは ※1 縄延び・※2 縄縮み等が生じている可能性がある場合には後々の問題発生を防ぐためにも測量を行うことをおすすめいたします。
(当組合の他士業ネットワークを活用しスムーズに実施できます。)
「財産目録」
の作成
これをもとに次の遺産分割の話合いへ。
遺産分割協議 作成された「財産目録」に基づき、相続人間による遺産分割協議に入り、相続人全員の参加・合意による分割協議の成立を目指します。
  遺産分割協議 相続人全員の参加、かつ合意が必要となるので、調整がなかなか大変な場合があります。
法定相続分を基準に、寄与分を調整したり、生前贈与を確認したり、これらを加味したうえで相続人のみなさんで協議をしていきます。
分割協議成立
遺産分割協議書の作成

必要に応じて、以下の項目を実施します。

  相続登記 当組合の他士業ネットワークを活用し
スムーズに実施できます。
相続税申告
不動産売却
円 満 解 決

※1 縄延び ・・・ 登記上の土地面積より実測面積が大きいこと。
※2 縄縮み ・・・ 登記上の土地面積より実測面積が小さいこと

上記は一般的な例となります。
  上記は概略ですので、より詳しい内容をお尋ねになりたい方はお気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ

遺産相続のQ&A 2

相続開始時に必要となる手続(手続の種類とスケジュール)を知りたいのですが?

斉藤隆一 不動産鑑定士 相続の手続きに必要な書類は以下の通りです。  / 齊藤隆一 不動産鑑定士


  期  限 申請・届出先
死亡届 死亡した日、または、死亡の事実を知った日から、7日以内(医師の死亡診断書を添付) 次のいずれかの市区町村役場
  1. 死亡者の本籍地
  2. 届け出人の住所地
  3. 死亡地
相続税の申告 相続開始を知った日(通常は被相続人の死亡日)の翌日から、10ヶ月以内 被相続人の住所地の税務署
相続の放棄・
限定承認
相続開始を知った時から、3ヶ月以内 家裁(被相続人住所地)に申出。
  • 放 棄
    → 相続人複数の場合でも単独での放棄可能
  • 限定承認
    → 相続人全員共同で(単独は不可)

所得税の
準確定申告

相続開始を知った日の翌日から4ヶ月以内 納税地の管轄税務署
世帯主変更届 死後14日以内 市区町村役場
国民健康保険
資格喪失届け
死後14日以内 市区町村役場
年金受給
停止手続き
死後10日以内 市区町村役場、又は社会保険事務所
介護保険の
資格喪失届け
死後14日以内 市区町村役場
その他 手続き
  • 預貯金、株式等の相続・名義変更手続き
  • 個人事業の名義変更、
  • 電気、瓦斯、水道、電話の名義変更 
  • 運転免許証の返却(管轄警察署)
  • 携帯電話解約 
  • キャッシュカード返却 
  • 車輌、自動車保険(自賠責・任意保険)の名義変更 
  • 生命保険の請求 
  • 葬儀費用の手当て等

 必要な手続き等は多岐にわたります。
  上記は概略ですので、より詳しい内容をお尋ねになりたい方はお気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ

遺産相続のQ&A 3

「相続問題は“争”続問題」などと俗に言われたりしますが、遺産相続で争いとなってしまうご家族にはどういった傾向があるのでしょうか。また、遺産相続で争いごとにならないようにするには、どうしておいたらよいでしょうか。

四家俊英 不動産鑑定士  遺産相続で争いになってしまうご家族の例としては / 四家俊英 不動産鑑定士


以下の事項に当てはまるご家族が多いようです。
争いを回避するために回答のような準備をしておくことをおすすめします。
(1) 『将来相続が発生しても、財産が自宅だけなので自分達には関係ない』と思っている…
実際に相続が発生してみると、遺されたご自宅をどう分割するかが、相続人の間で深刻な問題となることがよくあります。事前準備として、遺産相続についての知識を身につけておかれることをおすすめ致します。
(2) 遺す不動産はあるのだが、実際に事前準備などは行っていない・・・
忙しい毎日、「そのうちに・・・」と考えていたら、いつのまにか何年もそのままになっていることって結構ありますよね。しかし、多くの相続トラブルはこれが原因で発生します。相談可能な専門家を探し、少しずつでも準備して行かれる事をおすすめめ致します。
(3) 相続に関わる人数が多く、また遠方に居住していたり、疎遠となってしまっている…
相続に限った事ではありませんが、人間の争いの原因の多くは、コミュニケーション不足から起きているように思えます。残念ながら、コミュニケーション不足をすぐに解決する特効薬はありません。が、日頃から、兄弟姉妹等の相続に関わる方たちとの交流を心掛けておきましょう。

 状況により、色々なケースがございます。
  より詳しい内容をお尋ねになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ

遺産相続のQ&A 4

遺産分割の方法にはどういったものがありますか?

中津川治不動産鑑定士  遺産分割には、以下の3つの方法があります。  / 谷口洋介 不動産鑑定士

(1) 現物分割
相続財産そのものを現物で分ける方法。
相続人間の取得格差が大きいときは、一部の資産を売却して格差調整するか、代償分割を行う。
(2) 換価分割
遺産を売却してお金に代えた上でその金銭を分ける方法。
ただし、処分費用・譲渡所得にかかる所得税を考慮する必要がある。
現物を分割してしまうと価値が低下する場合などにも有効。
(3)代償分割
相続分以上の財産を取得する代償として他の相続人に自己の財産 (金銭等) を交付する方法。

 状況により、色々なケースがございます。
  より詳しい内容をお尋ねになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ

ご連絡先・アクセスプライバシーポリシー神奈川県不動産鑑定協同組合 TEL:0120-138-091
© 2006- Kanagawa Real Estate Appraisal Cooperative All Rights Reserved